So-net無料ブログ作成
検索選択

JBCF 石川ロード [レース]

昨日の石川ロード、思い出すのも苦痛ではあるが自らへの戒めのために。
3/4周回目に降ろされDNF。

1周目、下りで踏んでもいないのに一番前に出てしまったのでそのまま下りきるまで前で。もう一人飛び出してきたので二人で少しだけ先行した状態で下り切り登り返し。それほどきつくはない登りで、調子が良いときであれば間違えなく前方で展開できそうなのにずるずると後退。
下りに入る手前のやや斜度がきつくなったあたりで、中切れなどでさえなくばらばらと集団後方で切れていく内の一人となってしまう。
下りで集団が緩めば追いつけるかもしれないと追うが、見えてはいても追いつかず。周りの選手に声をかけながら追いかけたもののうまく回らず。
気持ちも切れそうになるがそれだけはすまいと踏み続けた。

ブリッツェンのレースは終わったのに、引き上げずにブラウの応援を続けてくれているサポーターの方々から暖かい声援をたくさん頂き、嬉しさと、レースが出来ず、完走目標で走り続けている自分が情けなくいたたまれなかった。

3周回目に入り下りで懸命に飛ばしはしたものの、石川高校前でスタッフの方に手で×サインを出された。

昨年の木祖村でDNFを喰らったときの悔しさを忘れていたのか。にじませた涙を忘れたのか。
自分を見つめなおし必要なことを行い勝つ。そのための日常を今日始めなくてはいけない。

大切な家族、仲間、応援してくださる方々に、その姿を見せなくてはいけない。
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 2

のべやん

石川ロード、お疲れ様でした。
速報リザルト、拝見させていただきました。出走者数が他クラスタよりも圧倒的に多い上、完走率が1/3にも満たないともなると、まさに「サバイバル」なレースだったのではないでしょうか。

その様な厳しいレースにおいて、気持ちを切らさずに執念で最後までクランクを廻し続けることは、誰にでもできることではありません。
kouyouさんは最後までレースを投げなかった、それは情けないことではありません。苦しいレースの中でも、それでも前へ進もうとするキモチさえあれば、またそれは必ず次へとつながると、自分は信じています。

…同日、フィールドは違えど自分もレースに出走していました。結果は一昨年の自分の成績にも全く及ばない、散々たるものでした。
「絶対に去年の受傷のせいにしない」とここまで気を張ってきましたが、ここまで負けが込むとどうしても気弱になる自分がいます。

でもkouyouさんも苦しいながらもこうして頑張ろうとしているお姿を拝見して、またそんなkouyouさんに「もっともらしい、分かった風なこと」をお伝えしている限り、自分ももう少し踏ん張らないといけないな、と少し前向きな気持ちになることができました。

kouyouさん、ありがとうございます。
陰ながらですが、応援しております。これからもガンバって!
by のべやん (2012-07-17 23:34) 

kouyou

>のべやんさん
ありがとうございます。
ブログ、拝見しております。

いろいろ、悩みや苦しみが多いところですが
是非共に乗り越えていきましょう。

共に頑張っている仲間がいる。こんなにありがたいことはありません。
本当にありがとうございます。
by kouyou (2012-07-18 11:35) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。