So-net無料ブログ作成
検索選択
走行記録 ブログトップ
前の10件 | -

地道に練習。 [走行記録]

昨日は、あれ?休みだっけ?あ、休みでした。最近仕事と休日の区別がつかない…
ということでトレーニングに出ました。

週末が仕事と風邪でトレーニングできなかったので、群馬前に強度を一度上げなくてはと思い、8分メディオ4本、3分ソリア5本のメニューをこなしました。レースも近いので時間、距離は短く。
8分メディオで出力が更新。少しは強くなっているのかな。8分約300w。320w位になればかなり戦えるんじゃないかと思う。

今日も午前中は天気が持ちそうだったので朝錬へ。
さらにメニューを縮めてテーパリングへ。
8分メディオ1本と3分ソリア3本。
ソリアは2分でよかったと今頃思ったり。
明日は雨なのでかるーくローラーで。明後日もテーパリングメニュー。

土日は自分との戦い。
絶対上位に食い込む。
押忍。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

二度寝 [走行記録]

4時に起きて、530に参加するつもりが、目覚まし止めて気が付いたら4時55分…
不貞寝しそうになったけど何とか起きて6時前に家を出ました。
文挟のあたりで新沼親子に遭遇。真剣に練習してる。
水汲み場から時計回りで530のトレインに会えるかなと思ってしばらく走るもまったく会えず。
残念ながら7時過ぎたので折り返しました。
途中で1minソリア2本と270w位のメディオ10分位。

田野町のコンビニで黒須さんとお会いしました。
あ、チーム練前の潤ちゃんとも会って、ちょこっと話した。
ペダル小僧の高橋さんともちらっと会えた。
帰り道には息子さんを送って折り返してきた新沼さんともすれ違った。
こんな時間から走っていても自転車の仲間とたくさん会える、宇都宮って本当に素晴らしいなぁ。

伊吹山のブリッツェン、ブラーゼン、そして平野さん、がんばって!

ブルベやその他イベントの皆さん、がんばれー!

チーム錬のみんな、がんばって!!
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

538 [走行記録]

今日の朝錬お品書き
今日は530に田野町に着いているはずがちょっと寝坊。
711に着いたらもう5時38分。ということで一人で練習だよ!
一人黙々と鶴カンを周回しました。

今日はちょっと寒かったので、下はロングで裏起毛のビブタイツ、上はジャージ+アームウォーマー+ベストでちょうどいい感じでした。
シューズカバーしていかなかったら、帰る頃にはつま先が冷え切ってしまいました。手袋は薄めのロングフィンガーでOK。

飽きもせずぐるぐると鶴カンを回る。登りはペースを保って。下りは速度を乗せて、平坦はしっかり踏んでいくイメージ。登りのたびにダンシングの感覚を調整していく。
1周目13分30秒、遅すぎてびっくり。鶴カンきつい。
2周目13分、少し足が回ってきた。
3周目12分30秒、体がほぐれてきた感じ。鶴カンも楽に登れる。
4周目11分50秒、ほぼ全力。
5周目?分、クールダウン。

4周目までだんだんペースが上がっていく感じ。鶴カンは1段目の半分くらいまではシッティングの方が走りやすいな。
調子はそこそこ。良くはないかな。群馬に向けて上げていこう。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

3月31日チーム練 [走行記録]

3月31日チーム練
生憎気温が低く(4~6度)雨も少し。

それでも向田副キャプテン、若林副キャプテン(状況から顔出しのみに)、新沼さん、岩崎君、物井君、大柿君、私と、天候を考えれば十分な人数が集まった。

路面状況を考えて鶴カンの周回のみにしようと思っていたのですが、新沼さんから登りを入れたいとの提案があったので、裏古賀志を5本入れることに。パワー系を先に入れたほうが効率がいいので、先に裏古賀志から。

スタートは一緒で、フリーで登り、下ってきたら集合してまた、また一斉にスタート。

1本目、向田さんから「5本目までたれない様に」という声がけがあったが、ついついペースが上がりすぎる。きもーち抑えていくけど後ろにピッタリ新沼さんが付いているのでかなりのペースで行ってしまいました。

1本目の下りで後ろでなんとなく気配を感じたなと思ったら、岩崎君がヘアピンの草の積もったU字溝にダイブしてたらしい。怪我が無くって良かった。
2本目からもきっちり意地を張って先頭で登る。

4本目、なんとなく以前のヒルクライムの感覚が戻った感覚。下ったらさすがの岩崎君、今日もきっちりパンクしていた。登りでパンクって珍しい。でも大丈夫だよ。レースではおかげでパンクしなかったでしょ?

途中、すごく久しぶりに関東大島さんに会えた。彼は私が勝手にライバルと決め付けている選手。故障から徐々に復帰しているとのことで、心から嬉しい。
5本目、パンクからの復帰した岩崎君、大島さんと、ちょっと遅れ目に上り始める。相変わらず大島さんめっちゃはえぇ。
4本目、5本目と物井君がいいペースを保っていた。がんばれ、必ず強くなる。

大島選手と別れ、裏古賀志の頂上から草の積もった林道を抜けて再び森林公園駐車場へ。
登りで暑かったのでジャケット脱いだら今度はメッチャ寒かった。

軽く711で休憩して鶴カン周回へ突入。
711で、この後鶴カンを何周するかで喧々諤々。
向田さん「4周」、新沼さん「4周」、岩崎君「もう走りたくないですよ?」、物井君「じゃあ4周」、大柿君「…」
ということで間を取って5周に決定。

鶴カン周回では登りをしっかり抑えて、平坦でしっかり集団で回す意識をもって。
1周目、相変わらず向田さん、新沼さん、岩崎君の調子がいい。
物井君はさっきの裏古賀志が効いたみたいできつそう。OK、辛いってことは今まさに強くなってるってことだ。

2、3周目、このあたりで向田さんと私がきつくなってきてちょっとツキイチ。
ペースも落ちたので4周目の鶴カン登りでなぜか復活。
5周目いよいよラスト周回。萩の登りで突然岩崎君がアタック
新沼さん「あれはどうしたの?」私「若気の至りじゃないでしょうか」
その後萩を下って、左コーナーを曲がって何とか吸収。緩いアップダウンで火が付いてしまったのか、次々にアタックがかかる地獄の展開に。飲まれたらおわる!と思ってもう脚まったく無いのに私もアタック。岩崎君余裕で裏に張り付く。新沼さん、後ろでマイペース、だけど切れない離れない。結局そのまま最後の鶴カンへ。
きつ過ぎて叫びながら登るも2段目で岩崎君にさらりと置いていかれて終了。
練習であんなに喘いだのは初めてだ。

またも森林公園駐車場に集合。
さて、今日は終わりかな、と思ったら向田さんから恐怖のお言葉
「スプリント練習しませんか?」殺す気ですか?
でもなぜか乗り気な新沼さん、微笑んでる岩崎君、まったく表情が読めない物井君。
仕方なく登り全力スプリント×4本へ。
レースってさ、スプリントはかならず最後でしょ。だから最後にスプリント練するのはとても合理的だよね。きついけどね。

ちょっと記憶がなくなった感じで無事終了。何かがやばかった。

その後軽くミーティングして解散。
脚が大変なことになっていたので向田さん、岩崎君、物井君を誘ってクールダウン。
赤川ダムの登り口で「冗談で」脚が余ってたらスプリントどうぞ、って言ったらなぜかまた4人でスプリントする羽目になりました。

おしまい。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

お見送り [走行記録]

今朝はブラウの渡部君をプチ送別会?

渡部君は今日が卒業式で明日が大阪への引越しという過密スケジュールの中
朝5時半から古賀志のジャパンカップのコースを一周してきました。

軽い雑談程度で流しながら萩の道を回って、鶴カンは全力。千切ってやるはずが軽く千切られました。
その後また流しながら古賀志の林道へ。ジワジワペースを保って登って、ヘアピン先から全開。今度は千切ってやりました。最近忙しくて乗れてないそうですが、折角の古賀志でのお見送りなので、全力で走るのはチームメイトである彼への礼儀だと思いました。

自転車乗りなんだから、あんまり余計な話はいらないですね。
走ればいろいろ伝わる気がします。

これからも、少し遠いけどチームメイトとしてよろしく。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

春休み練 [走行記録]

今日はたまたま祝日に休みだったので、チームメイトに声をかけてトレーニングしました。
気温はここ数日の25度近い暖かさとは打って変わって、最高気温で19度ほどと、涼しい曇天となりました。
声がけに反応してくれたのは加納さんと物井君。
また、ペダル小僧の高橋さんが声をかけてくれたので、集合時間を少し早めて合同で練習させてもらうこととなりました。
7時半に田野町の711に集合で、ペダル小僧の3名と合わせ、6名で古峰ヶ原を目指します。
古峰ヶ原までは程よいペースで集団走行。文挟を経由し、黒川の方から峠を越えて大鳥居へ。

大鳥居から古峰神社 15分36秒
ここからはフリー走行です。
タイムを計りながら走ることに。スタート3,4分は加納さん、高橋さんについて上りますが
斜度が上がった瞬間オーバーペースに。あっさりちぎれて少しずつ離されてしまいました。
心拍もしっかり追い込めてすでに良い練習に。

ここで林口さんはお見送り。また、神社のところでWADAの方々とお会いしました。

古峰神社からカーブ40 24分00秒
またフリー走行。スタートして一瞬で高橋さんにぶち抜かれる。やっぱり強いわ。
途中加納さんとかなり競り合ったものの最後の最後で激タレ。
神社で10分くらい後続を待ったりフラフラしていたので、脚が戻ったせいもあって今期ベストタイム。

日光牧場へ。
今日は前日光牧場まで。いつも前日光牧場入り口の看板で素通りしてしまいますが
今日は牧場のロッジまで初めて行ってみました。
ところどころ路面に雪(氷)が残っていてちょっと怖かったですが、広々としていてなかなかいいですね。

粕尾峠、山ノ神、粟野。
長い九十九折れを下って、広々とした粟野方面の下りへ。
去年だか一昨年の路面崩落箇所もすっかり補修されており、
古峰ヶ原のようなスリップ防止(自転車には凶器)の砂も無く、安全で走りやすいです。
高橋さんとローテしつつ逃げてみたり。自転車って楽しいですね。

粟野から森林公園
さすがに疲れてきて一定ペースで集団走行。
しかし文挟から森林公園へ向かう街道で加納さんのほのかなペースアップをきっかけに
突如ガチンコ牽き合いバトルが勃発。高橋さんが一人抜け出しぎみになるが、作新グラウンドの登りで物井君が活躍、集団は一つに。スカスカの脚でスプリントするも高橋さんにかるーく捲くられて終了。

おかわりスプリント練。
すでに終わった感も満載だがブラウの3人で追加メニュー。森林公園入り口の登りで約40秒のスプリント。
乳酸でまくり。3本目は死ぬかと思った。
軽くクールダウンして終了。

練習を一緒にしてくださった皆さん、本当にありがとうございました!!
またよろしくおねがいいたします。

あ、写真は撮ってる余裕無かったです。ハイ


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

結局一人だったよorz [走行記録]

今日は116km走って、獲得標高1700m位。トレーニング時間は5時間ほどでした。
古峰ヶ原は大鳥居から神社、途中ポケットティッシュ落としストップ、18m57s
神社からカーブ40、24m45sでした。だんだん上げて行きたいねー。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

6月10日の530練 [走行記録]

この前の日曜日のことです。
朝が弱い私ですが、先週はみなさまにご迷惑をおかけしたのでなんとか起床しようと。
しかし前日は12時ごろまで飲んでいたのでかなり危なかったです。
ちょっと急ぎながら711に到着すると10名弱の方が集まっていました。

こんな朝早くからまったくよくコレだけ集まるものです。ありがたや。

今日は私視点からの530練のレポートを試みたいと思います。


第1話
711スタート~
全体が、切れず、楽過ぎず一定出力で走ることを意識してグライダー場まで先頭固定。
替わったほうがマナー的な意味で良いか悩んだものの、
出てきたら後ろに譲ることに決めて牽くことに。
グライダー場通過時にペースを上げながら左によけて先頭交代。
速いペースで集団が回ったので良い流れだったかな?
文挟のゴールは脚が残っていなかったので取れず。
辛かったが切れないようにふみ続けて多分4着
ここで取れなければ意味無い。


第2話
水汲み場~
以前より考えていた、1周案を提示。
水汲み場をスタートして、パインズ、旧山久保バス停(撤去された)、黒川神社と止まらずに周り、板荷中学校先の線路をまたぐ高架をゴールに設定した、レースシミュレーション

今まで良くあるパターンは、最初全員でローテーションして集団が進み、だんだんと速度が上がるにつれ、一人、また一人と後ろで付いていけない人が千切れていくパターンだった。

このシミュレーションでは、1時間ほど先にあるゴールに向けて、「勝つ」ための走り方。
だから力のある選手もむやみに飛ばすよりも集団をうまく使った方がいい。逃げるのであれば一緒に逃げる面子や、逃げる局面など、いろいろと工夫しなくてはいけない。
また、力のない選手は逆に、集団の後ろではしり、前を極力ひかないようにすることで、千切れることなく走りやすい。上りが苦手な選手は、登りの前の平坦で先行して、登りでの遅れを最小限にすることも出来る。

何よりも意識して欲しかったのは、ただ闇雲に走って力尽きるのではなく、二人以上でうまく協調して走ることで走り方はまったく変わるということだった。

この日は長畑まではとてもゆったりとしたペースで、集団はひと塊。しめしめ、狙い通りに進んでいる。
長畑過ぎてビアンキO川さんが集団からするっと抜け出した。
ここはいいタイミングだと思い、先頭であえて一定ペースを保ち、逃げを容認する空気を作る。
しかしTYDさんS字で飛び出し追う気配。一瞬反射的にチェックに入ったが、このまま付いていくと後ろの集団が崩壊するかもと、すぐに考えを改め容認。
集団をまとめて追うことに。

パインズの上り口でメイン集団から数名が遅れ始めた。
ここが今回の一番の悩みどころだった。
集団の速度を落とすように働きかけるべきか、
集団が絞れるに任すべきか。

ペースを見ると、上げすぎというほどのハイペースではないので、
後ろは後ろでまとまって追走に入ってくれることを祈りつつ
今回はメイン集団で逃げの2名を追うことに。
メイン集団は5名。

パインズを過ぎて山久保のバス停へと向かうメイン集団。
前方に単独のTYDさんが見えてくる。
まもなくメイン集団はTYDさんを吸収。
これで逃げはビアンキO川さん単独。下りで間違いなく捕まえられるだろうと想定。

山久保バス停頂上を通過時に、後ろでI畑さんとN島さんがほんの少し遅れた。
これは大きな勝負どころだ。と思った。
5人で追えば逃げているビO川さんを早い段階で捕まえられる。
しかし私は下りでのアタックが得意ではないので、
5人で逃げると多分ゴール前でのスプリント勝負になる。
スプリント勝負は出来れば避けたい。(苦手だから)

遅れた2人をここで引き離して3人で前を追えれば、
逃げを捕まえるのに足は使うが、確実に捕まえられるだろうし
勝負も有利に進められるかもしれない。

ということで下りはじめから、あえて後ろを待たず速度を乗せていく。
しばらくして3人で下り、回したあとに後ろをチェックすると、
視界には誰もいなさそう。狙いは成功したようだ。

黒川神社の先の集落近辺は危険なので安全な速度で通過し、
橋を左に渡りながら川沿いの森林コースへ突入。
ハイペースで逃げを追う。


しかしここでちょっと誤算が。
見えてこない。ビO川さんが。
どれだけハイペースで逃げているのか。
しかしさすがに追いつかないはずはないと
ペースをさらに上げながら追走3名でローテーションをしながら追いかける。
森林区間も抜け、いよいよ板荷が近づいてくる。
ついに前方にビO川さん。捕らえた。
こちらに気付いているのか、ペースを落とさずパワフルに踏んでいる。
ドンだけのペースで逃げてるのか。後ろから見てるとまるでグランツールの
逃げた選手の走りだ。

中学生の可愛いトレインをパスし、板荷の中学に向けて追い込んでいく。
三叉路を左に入り、軽いのぼりに差し掛かる。杜のO川さんが長めに引いて切れていく。
まだ追いつかない。森を抜けて板荷中学前。
まだ追いつかない。微妙な距離が残っている。やばい。
最後ののぼり、左コーナーにビO川さんが差し掛かる。
やばい、届かない…

想定した展開では板荷中学の手前でビO川さんを吸収して
ゴールスプリント勝負だったが
驚く程の逃げを見せたビO川選手。
最後の左コーナーまで距離を残した位置から
ロングスプリントで差し切るしかない。
ゴールまで50メートル 15m位距離がある
ゴールまで30m 10m位の差か、ビO川さん、ここまでの逃げの影響で、
さすがにスプリントが伸びない。届くか?
ゴールまで15m 5m位まだある。すごい粘りだ。尊敬に値する
ゴールまで5m! 差は1メートル位。もう、にゃーー!!って感じだ!

ということでゴール。
頂上にはまた一つガッツポーズが生まれた。
やはり、自転車は楽しい。楽しいから頑張れる。
そして一緒に頑張れる仲間がいることは何より幸せなことだ。


第3話
文挟~711
全員がゴールするのを水汲み場で待ちながらいろいろとお話。

驚いたのは全員が集まるのに5分少々しか掛からなかったこと。
最後尾もちゃんと2人で回して帰ってきたとのこと。
これは正直嬉しかった。

たとえばレースで先頭集団から切れても、この走りなら確実に完走しているだろう。
DNFと完走の間には果てしなく大きな溝がある。

そして文挟からの戻り。
集団は1列でかなりハイペースでローテーション。途中わざと集団を絞るような動きを掛けてみるも
きっちりとブリッジして集団は一塊。最後はゴール手前で後車が多く、タイミングが合わないまま終了と相成った。

ゴール後、ベテランの杜O川さんがみんなに的確で短いアドバイスをしていてくれてありがたかった。
こういう時間がグループの向上にはとても大切だと思う。

頑張って書いたら力尽きた。

お後がよろしいようで。

nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

ペダリング、再掲 [走行記録]

昨日はサーバーが落ちていたようで、アップできなかった。
結構不安定だにゃあ。
以下昨日の記事。

今日はお休みだったので太平山のふもと近くまで
往復で85km程の行程。

昨日、ローラーを回しながら感じた、
新しいペダリングの感触を確認しながら少し速めのLSD。

もしかするとロードバイクに乗り始めて5年ほどでやっと
ハムストリングス使い方が解ってきたのかも。

瞬間的な加速力ではないが
ずっと200w前後のパワーで走り続けることで
高い巡航速度を維持できる。
(単独ほぼ無風で約2h30.1km/h)
心拍はちなみに74%

また、まだまだ結論とは行かないが
巡航中の大腿四頭筋の負荷をかなり減らせたようで
後半、高出力でのスプリント(850w-900wで15s)を3本程したときに
非常に脚がフレッシュであると感じた。

例えばこのトレーニングを進めて、
「レース中のメイン集団での走りに必要なワット数」まで、
巡航でのパワーを上げられれば、
大腿四頭筋をあまり疲労させないですみ
後半の勝負どころでいい走りができるかもしれない。

とりあえずこの走り方でノーマライズドパワーで2h220wを目指そう。
(現在2h約200w)

問題はレース中に実際何ワット必要かだ。
データを集めなくては。
ま、300w以下ではあると思うけど。
E3だと下りはみんな出力低くて
上りはやたら踏んでるんだよな…
nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

遭遇 [走行記録]

今日は練習中にT田さんと偶然すれ違ってその後一緒にLSD。
おかげさまでよい練習になりました。
久しぶりにC35-tu履いたら恐ろしくしっとりしてて回るので楽しかった。
約90km。

風邪気味でのどがおかしいっす。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ
前の10件 | - 走行記録 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。