So-net無料ブログ作成

実業団栂池ヒルクライム [レース]

E3 26位 1:00;00

スタートから8分弱の急坂(10%)を10人ちょっとの先頭集団で上っていく。
後ろは早々に切れていた。
その先短いフラットから徐々に上っていく上り口で先頭集団から脱落。

その後ずるずると後退しながら何とかゴール。
最初の上りで完全に足が終わってしまった。

後からタイムとコースから計算すると
最初の7分45秒が290w
このパワーを少なくとも20分維持できるようになれば
E3でもそれなりの順位でゴールできるようです。

最初に無理せずペースを守っていけばいいという説もありますが
マスド形式のヒルクライムでは先頭集団から脱落すれば
もう勝負にはならなさそうです。
結局、先頭集団で生き残るしか道はなさそう。
nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

明日は栂池 [レース]

調子は悪くない。
天気も持ちそう。
後は頑張るだけです!
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

2days race in 木祖村 レースレポート2 [レース]

宿の栗原民宿は飯の量がすごかった。
堀選手のマッサージをしたり
自分のマッサージをしてみたりしつつ
ジャージを洗って干してお休みなさい。

2日目
残念レース。 81km 21位/61名 +7:31

前日DNFだったため
午前中のジュニアと一緒に行われる残念レースに参加。
何故か別料金2,000円もエントリーにかかる。謎だ。まさに残念。

スタートして
せかせかと前に位置取り。
トンネルを過ぎたあたりで一番前にいた石川、雨澤弟に合流。
これでうまく流れを作りながらレース展開を…
と思ったところで軽いアタックが裏からかかる。
我慢すればいいのに、というか昨日の疲れが確実に残っているはずなのに
何故かこのアタックに反応、潰しに行ってしまう。
これが完全な失敗。上りで速度が落ちてしまった。

まさかの集団から落ちてしまい
その後はばらばらの後続を集めてグルペット形成。
完走することに終始してしまった。

幸い石川選手と雨澤選手は抜群のレース運びで
石川選手が優勝、雨澤選手も4位に入った。

私は61人出走で21位。
先頭から7分31秒、制限時間ぎりぎりで完走でした。


アシストも出来ずにこの始末。

今はレース内容を何度も何度も反芻し
これからに生かすために反省中。

いくつかの課題が見えてきました。
nice!(1)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

2days race in 木祖村 レースレポート1 [レース]

5月21日、22日に長野県木祖村で行われたステージ形式のレース。
コースは木祖村、味噌川ダム湖周回コース。1周9km
10%500mの上りあり

3ステージ構成で、ツールと同じように、個人のタイムを加算していき、
もっとも少ないタイムで走りきったものが勝利する。
ツールを模してステージごとにリーダージャージ、マイヨヴェール、マイヨブランも移動する。
1チーム5名

参加資格は特にないが、実業団E1レベルが参加相当という、かなりレベルの高いレース。

レースの構成
1日目
AM 第1ステージ 個人TT
PM 第2ステージ 81kmロードレース

2日目
AM ジュニア及び第2ステージDNF選手の残念レース
PM 第3ステージ 126kmロードレース

レースレポート

1日目

個人TT タイム13:35;58 143/192名
スタートで失敗する。
スタンディングでちょっと左に傾いており
しかもスタートのタイミングがずれて左側によろけてしまった。
危なくスタート台から転げ落ちるところだった。
クリートを外して再出発。
超時間の無駄。

コース自体の難易度はさして高くなく
うねるようなワインディングのためコース取りは楽。
橋のカーブ以外はほぼノーブレーキ。
最後の500m、上りで失速。

後ろにサポートカーがついているのが新鮮。

ゴール前の上りで小鹿りき(竹芝監督)にハッパかけられる。
おかげでもう一踏み出来た。ありがとう。


第2ステージ
81kmマスドレース タイム DNF
ローリングスタート。
雨澤兄と位置が近かったので一緒に走り前方に上がりたい。
すぐ後ろにおがわ~さんもいた。

ローリングで位置取りを落とさないようにしながら走り始め
約3分の1周で規制解除。
一気に集団が縦に伸びる。

必死に付いて行くとコース後半に1つだけある100m程のトンネルの中から怒声?
走行注意のための声掛けかと思いながらトンネルに入ると
いきなり前方が急ブレーキ!
落車が発生していた。
自分の足元に一人トンネルに対して真横に倒れこんでおり
コース左端の2mほど以外は走行できない状態。

肝を冷やしながら横をすり抜け
加速しながら周辺を見回すと約15人ほどがいる。
雨澤兄もすぐ近くにいた。
自然とまとまりながら集団を形成。
後ろから上がってきた黒FLRの選手に「最終便、後ろはもうだめだ」と告げられた。

やっとこさ1周目が終了。
先頭からすでに2分30秒遅れ。
目標を完走に切り替えその後の周回を重ねることに。

途中橋の手前で前にいたの大場キャプテンがまさかの落車。前方でやはり先頭集団にあがるために
ペースアップしてのことだったらしい。
ちなみにレースが終わるまでまったく知らなかったが
第2集団でゴールした真坂選手は1周目の落車の際バイクが飛んできてブラケットを直撃
以降ゴールまでブレーキがほぼロック状態だったらしい。
どんなパワーだ!

その後最終列車は周回を重ねるが
どうも上りやコーナーの立ち上がりでペースが跳ね上がり
(頼むからグルペットでカチあげないでくれ;;)
足に来てしまいゴール手前の坂で千切れてしまった。
1周ほど単独で粘るもトンネルの先の橋を越えた所でブルームワゴンに捉まり
競技終了宣告。
悔しくて少し涙が滲んだ。
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

第一回 TOKYOBAYエンデューロ [レース]

というわけではるばる千葉まで行ってまいりました。
5時に家を出発。軽く迷子になりつつも4号バイパス、野田、16号、姉ヶ崎、久留里街道、袖ヶ浦フォレストなんとか。といったコースを取って10時半ごろ到着。
会場はまさに山の中に突如現れ、なんだかちょっと非現実的な感じなのですが、
道は綺麗に舗装されていてなかなか良い環境です。ただし水はけとトイレの設置数は改善の余地がありそうです。

12月とは思えないほどの、前日の台風並みの雨と風がまったく感じられない快晴で、まるで初夏のような陽気。
みなさますでにあらかた到着なさっていました。

今回はチーム「アバカスA」で出場
いつもお世話になっているシンイチさんと、おそるべき実力でも多分まだまだこれから強くなるマサさんと
ご一緒させていただきました。
このたびの大雑把な作戦は「一人一回走れば効率良いんじゃね?」作戦
つまり4時間を3で割って一人1時間20分ずつ走って交代といういい加減な作戦。


一番手マサさん
展開としては2人が逃げて、約30秒後ろを30人くらいのメイン集団が追う形。
普通にメイン集団に入って1時間20分走って、最後はそこから15秒ほど逃げて交代。
この時点で多分3位?完璧な走り!
素晴らしい足です。位置取りも後半は前のほうのちょうどいい位置。
これで○○才。この先どこまで強くなるのか…。
負けてられないね。(もう負けてるけど)


2番手シンイチさん
相変わらず熱い走り。
惜しいことに途中でメイン集団が中切れを起こし、後方に位置していたため
後ろの集団で走る展開に。しかも後ろの集団は足が揃っていなかったようで崩壊してしまった。
これはきつかっただろうと。


3番手わたくし
予定アンカー。
急遽交代でかわいらしいあわてブリを周囲に見せびらかす。片足靴下でピットを疾走。

あせりながら自転車に飛び乗るとちょうどストレートをペースの速い集団が行くのが見えたのでそのラインに飛び乗ることに。どうやら先行していた逃げの二人に周回遅れがくっついてできた集団。かなりペースは速めだけどちょうど良い。しばらく乗っかって体を慣らすことに。

しばらく走っているといつもの悪い癖で飛び出してしまった。しかも誰も追ってこないので一人先行。一周ほど先導のバイクの後ろを一人逃げ続けることに。見た目と気分は良くても体はきつい。

その後先頭ようやく集団に吸収されまたしばらく集団で走る展開。心拍落としておかないと続かないな。

数周しているとトップ二人が先頭でちょこっとペースを上げている様子。3番手でくっついて走っていたら後ろの集団が切れてしまった。ここからは3人でしばらく走ることに。といってもほとんど前を引くことなくコバンザメよろしく楽させてもらったのだけれど。
数周したのかな?前に10人くらいのいいペースの集団がいたので3人してその集団に乗っかることに。
前でチョコチョコ引いたのもあるが、軽いアタックもあったりで結構足を使ってしまった。
だんだん足と心肺がきつくなってきた。

ここにきて例の二人が大外からすうっと上がっていく。
追おうとしたが心拍がいっぱいで追えず。しかも集団も追うためにペースがあがる。
ここでかなりいっぱいいっぱいに。

それから1、2周、右足に違和感。こりゃ攣るぞ、という感じ。
攣ったり我慢したりしながらまた1,2周。そろそろ足が限界!ということでピットの裏側を通過するときに手をぶんぶん振り回して「交代して!」サインをアピール。伝わっただろうか。
ピットロードに入ったら激攣りで足が完全に止まってしまった。ピットには…誰も居らずorz
ご一緒させていただいたYORの方にシンイチさんを呼んでもらい何とか交代。タイムロスがー!スミマセン

ふがいない走りで1時間多分10分くらい?走って残りはシンイチさんにお任せ。

4番手
アンカーシンイチさん
ストレッチやらでばたばたしてたものの熱い走りは見せてもらう。
ありがとう!
ということでゴール。


結果
202チーム(男子ロードチーム)中10位



※今回のレースで気づいたこと。

・エネルギーマネージメントは慎重に。
・LTの向上が絶対的に必要。
・俺って心拍201bpmも往くんだな。19歳並だな。
・何をすべきかは見えた。あとは実現するだけ。しかし実現はいつも一番困難。
・千葉は遠い。16時に会場を出発して家に着いたのは22:30ごろ


最後に
ご一緒させていただいたみなさん、今回も本当にお世話になりました。
ありがとうございます。

マサさん、シンイチさん
足を引っ張ってしまいました、すみません。
次は勝ちましょう。
勝つための努力をしておきます。
またよろしくお願いします。

data20101204.PNG
nice!(1)  コメント(14)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

第6回スポニチ塩原温泉ヒルクライム兼JCRC第8戦 in塩原温泉(ヒルクライム)速報 [レース]

惨敗。



Cクラス TT 22分43秒 3位

Cクラス ロードレース タイム失念 14位

まったく歯が立ちませんでした。

Nエース、K林さんはじめR&Dの方々、B場さんはじめ自転車の杜の方々、
ブラウのH島さん(だったと思う、違ったらごめんなさい!)、
その他いろいろな方とお会いできたことがうれしかった。
期待していただいた方には申し訳ありませんでした。
1から鍛え直したいと思います。

nice!(5)  コメント(19)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

明後日は八方 [レース]

明後日は八方ヶ原HC。

そして昨日、乗鞍の25周年記念賞?(正式名称はどうやら「飛び賞らしい」)が到着。TS3G0285.JPG

TS3G0283.JPG

TS3G0284.JPG

飛び賞っていったいなんだ!

JCRCの塩原HC参加証と乗鞍の完走証が届いた。結構乗鞍は気が利いていますのん。


nice!(6)  コメント(7)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

第25回全日本マウンテンサイクリングin乗鞍 レポート [レース]

*注意 非常に長ったらしいので興味の無い方は読み飛ばして下さいませ。

続きを読む


nice!(8)  コメント(14)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

2010乗鞍マウンテンサイクリング速報 [レース]

やっと家にたどり着きました。

とりあえず速報だけ。妻よ娘よありがとう。

カテゴリロード男子B

1時間7分16秒 9位入賞

総合125位 25周年記念のよくわからん賞受賞。りんごだか何かが届くそうな。ラッキー。


nice!(8)  コメント(22)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

筑波10耐 速報 [レース]

総合15位
カテゴリー男女混合ロード3位
TS3G0260.JPG
TS3G0261.JPG

nice!(4)  コメント(17)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。